Pages

ジムニー 背面サイクルキャリア作製

2017/02/20
サイクルキャリア自作の是非
ジムニー用のサイクルキャリアを自作したお話です。
そもそも論として、サイクルキャリアという製品を自作して良いのか?!って議論が出そうですが、今回は保留です。
ただし何かあった時は重大事故になりかねない工作ですので、参考にされた場合の一切の責任は負いかねます。

車内か、天井か、背面か
最近マウンテンバイクなるものを買ってしまいました。フルサスペンションの、山専用!と言った感じのシロモノです。
当然乗るためにはMTBを山まで持っていく必要があるのですが、そこで問題になるのが車載方法です。(僕の脚力では自走で山まで行って走るのはムリ)
しかし皆さんご存知のようにジムニーの車内は常軌を逸した狭さ。最近流行りの軽ワゴンの様な広々した快適空間は一切ありません。後部座席は殆ど飾りのようなものです。
そんな車内にMTBなんぞ積もうものなら他の荷物はなーんにも載りません。おまけに自転車が汚れていればもれなく車内もドロドロになります。


どうにか車外に積みたくなるのですが、ジムニーは車高が高く天井への積み下ろしが難しい上にただでさえ高い重心位置をこれ以上上げたくはない。
となると消去法で背面への積載が候補となるのです。

背面スペアタイヤの利用
「ジムニー サイクルキャリア 背面」などとググるとスペアタイヤブラケットを利用したキャリアやベルトでバックドアに括り付けるタイプのサイクルキャリアがヒットします。
特にスペアタイヤを利用する方法だと構造が非常にシンプルなので、今回はこの方式を採用しています。

貧乏人の味方イレクターパイプ
イレクターパイプで何でも作って部屋が貧乏臭くなる人居ますよね。僕もその手の人間です。
今回もそれなりに安価でそれなりに高強度なイレクターパイプのお世話になりました。
材料費は固定用のバンド等を合わせて8000円程度。市販品を買うと2万円以上するため比較的安価に作ることが出来ました。


スペアタイヤに引っ掛ける形のフレームを組み、そから2本のアームを背面に突き出して自転車を引っ掛けています。
固定にはホーマックで売っていた荷造り用バンド(推奨荷重60kgfとのこと)を3本セットで採用。トップチューブで2箇所、下の方で1箇所固定しています。
イレクターはメタルジョイントを使っていますし、キャリアやバンドが壊れる前にバックドアの鉄板がブッ壊れるかなと思っています。


キャリアの固定には自転車の固定に使っているのと同じバンドを2本使っています。
写真ではフロントホイールが付いていますが、実際の使用にあたっては車幅、全長の関係でフロントリア双方のホイールを外す必要がありますね。ただし一番厄介なフレームを車外に積載出来るというのはやはり圧倒的に快適です。

まだパイプの抜け防止やチェーンの固定等いくつか必要な作業はありますが、人気の無い農道や林道を80km程走った限りでは問題は無さそうです。
今後は重量や飛び出し量を抑えるためにもスペアタイヤを降ろして、直接ブラケットにボルト止めするタイプのキャリアに移行していきたいなと考えています。

※2017/09/27 追記
クッション材を変更したマイナーチェンジを行いました。
ジムニー用サイクルキャリア一部改良

0 件のコメント:

コメントを投稿