Pages

里山トレイルライド no.2

2017/07/13
郷に入っては郷のトレイル
何度かお世話になっているゲレンデの方に地元のトレイルを教えてもらったのでさっそく行ってきました。

登山口からしばらくはそれなりの斜度の登山道が続きます。湿気と気温が相まって一瞬で汗だくに……。木の根が露出していたり落ち葉が溜まって中がしっとり湿っていたりと、気を抜けば滑りそうな場所もちらほら。
とは言っても前回のように担ぎ上げが必要な階段や急斜面は無いので体力的にはかなり楽。30分ほどそんな道を登ると稜線に出ます。

稜線はなだらかで乾いた最高のシングルトラック。
基本的には登り基調ですが、若干のアップダウンも挟みながら少しずつ登っていくトレイルはMTBにうってつけ。急斜面って登るのつらくて下るの怖いのであまり(初心者だと)楽しくないんですよね。

一部はV字に削り込まれており、人の往来の歴史を感じさせてくれます。ちなみにMTBで下るとメチャメチャに楽しいです。

峠の鞍部に小さな東屋がありました。実はここまで林道が通っていて車で来れちゃんですね。
ぼくは基本的にひとりぼっちなので無理ですが、ドライバーが居れば下りだけを楽しむことも可能みたいです。

登りにはおよそ1時間少々かかりましたが、下りは20分ほど。
急な部分では押して降りましたが、下りの乗車率は70%程でしょうか。ちなみに一番楽しいV字トレイルは数分で終わってしまいます……。

今回から自作したホイールホルダを車載で使用しています。車の揺れに合わせて多少ホイールは左右に振れますが、倒れるようなトラブルもなく、ホイール同士の接触もないのでローターの歪みやスプロケで周りが汚れるような事も一切なし。多少スペースは取りますが今後の定番になりそうです。

おまけ
ひ弱なインドア派なので運動後はいつも筋肉痛になるのですが、少しでも治りを早めようとAmazonで安いプロテインを買ってみました。
多少は身体が動くようになれば良いんですが……。

0 件のコメント:

コメントを投稿