Pages

山道具紹介~snowpeak チタンシングルマグ300~

2017/11/26
道具に興味がないアウトドア好きは居ません
山道具紹介。アウトドア系の雑誌がネタに困ったらとりあえずやっとくみたいなイメージのある記事ですね。
プロの登山家やガイドはともかく、最近じゃシンガーソングライターの方とかアウトドアライフの達人(?)の道具みたいな話まで紹介されてて「お前それ山と渓○で発信する必要あるか?」と思わないでもないですが、まぁそれだけ山道具というモノには魅力があると言うことでしょう。

ご多分に漏れず、とうとうこのブログでも山道具紹介をシリーズ物としてやっていくことにしました。
僕は別にプロ登山家でもなんでもない(むしろあまり山に行ってない)インドア系のオタクなので、話半分に読んでもらえれば充分かなと思います。
また道具選びやブランドイメージに関して極めて差別的な発言を多々すると思いますが批判は受け付けません。
第一弾はド定番のカラトリーから
このシリーズの記念すべき1品目。何にするか迷いました。
妙にマイナーなウェアとかにして通ぶるか、はたまたあえて評判の良くないギアを持ち出して通ぶるか。

とりあえず通ぶりたいのは間違いないのですが、せっかく記事書くんなら何かしら役に立つ事を発信したい。
そこで紹介する道具は

・自分が持っていて1年以上は使っているモノ
・その上で本当に良いと思えるモノ

に限定する事にしました。当然ド定番のギアが多くなってくるとは思うのですが、それもまた仕方ないなと思います。良いモノは良いですからね。

という訳で、初回はアウトドアやる人なら誰もが知っているあのマグカップ。
snowpeak チタンシングルマグ300

です。
もう定番も定番。定番すぎて今更何を言えば良いのか全く分かりませんね。

登山道具メーカーと言うよりはキャンプ道具メーカー、特にキャンプ場でクソ高い道具を見せびらかして周りを見下したい中高年とかに大人気のsnowpeak。
いきなりでなんなのですが、実は個人的にはsnowpeakのギアは嫌いです。なぜなら高すぎて買えないから
しかしカラトリー(食器)関係の秀逸さはアンチの僕でも認めざるをえないものがあり、このマグカップ以外にも幾つか愛用している品があります。(その紹介はまた今度)
チタンマグカップ300の何が良いのか
モノとしては極めてシンプルなチタン製のシングルマグです。容量は300ml。(他の容量バリエーションも有り)
シングルマグと言うのは金属の板一枚から成る構造という意味。ダブルマグと言う二重構造になっている断熱性に優れたタイプのマグカップもよく見かけます。

シンプルが故に差がつきにくい様にも思えるシングルマグですが、実は細かい所に違いがあります。
例えばフチの巻き加工、口が直接触れる部分だけにその巻きの大きさや綺麗さは使用感に大きく影響します。
スノピのチタンマグは巻きが小さく綺麗で非常に口当たりが良いのがポイントですね。

加えて底の部分の曲げは少し丸みのあるなだらかな形状をしており、ペーパー等でさっと拭くだけで汚れが取りやすいのできちんと洗えないテント泊中も快適に使うことが出来ます。

また表面加工にも特徴があり、鏡面でもなく梨地でもなく、強いて言えば極細かいシボ加工のような凹凸があります。
実はチタンマグは他にも安いノーブランド品も持っているのですが、そちらは表面のカサカサ感がどうにも苦手であまり使用頻度が高くありません。

後は絶妙なハンドルサイズと開閉のスムーズさと耐久性ですね。
他社製のマグカップで「指2本しか入らないじゃん」みたいなハンドルのモノをたまに見かけますが、チタンマグカップ300は成人男性の手で指3本入るので非常に持ちやすい。
また折りたたみ出来るハンドル部分が使い込むにつれガバガバになるものですが、購入から5年以上経ってもなお適度なロック感がありヘタレは見られません。

しかも安い
お値段は約2000円弱。高いだろ!と思われる方も居るかも知れませんが、使用感を考えるとそれだけの価値はありますよ。
そもそもクソショボいLED照明におしゃれな名前を付けて数千円で売ってのけるsnowpeakがこのマグカップを2000円で売っているだけでも感謝すべきです。


ショボいLED照明はともかくとして、チタンマグカップ300はマグカップとしての基本を抑えた素晴らしい製品です。
どちらかと言えばキャンプ道具屋の色が濃いsnowpeakですが、その軽量さとシングル故の汎用性(直火にもかけられる、ただし火傷には注意)から登山でのユーザーもかなり見かけます。山小屋とかで人と被るのがデメリットと言えばデメリットかも知れませんね。
余程人と違うものが使いたいか、他に大好きなメーカーがある人でも無ければとりあえずコレを買っておけ。と言って問題ないかなと思います。

マグカップひとつあるだけでも外で飲み物を飲んだりして快適さ、くつろぎがグッと高まるのでおすすめです。
シェラカップなんぞ買って気分だけ盛り上げるくらいならコレ買いましょう。
余談
実はこのチタンシングルマグ300、これまた定番のナルゲンボトルの500mlと径がぴったり。パッキングの時にセットにしておくとかなりコンパクトに収まります。
マグカップをそのままパッキングして変に力をかけてしまうと思いの外簡単に歪んだりするので、それを防ぐという意味でもオススメの組み合わせです。

山道具としては重すぎてイマイチですが、ステンレス製のダブルマグも家で愛用しています。
何より大事なのは冷えたビールがぬるくならないこと。しかもお求めやすい1500円。チタン製の軽量なダブルマグもありますが、4000円弱くらいするので多分死ぬまで買いません……。

0 件のコメント:

コメントを投稿