Pages

ジムニーJB23 初オイル交換

2016/07/23
初めてのオイル交換
先週納車されたジムニーくん、1週間で300kmちょっと走って給油した所、22.25L入って燃費は14km/L程度でした。元々10km/L超えれば良いや、くらいに思っていたので問題なしですね。
さて、慣らしとしては500kmか1000km程度走ってからオイルとオイルフィルター(エレメント)を交換するのが常道かと思うのですが、今日少し遠出をするということもあり、早めにオイルだけ交換してしまう事にしました。もちろん自前で。

用意するもの



・オイル
・オイルドレンパッキン
・17mmレンチ
・トルクレンチ(トルク管理したい場合)
・オイル受け


やることは単純で、オイルドレンのボルトを開けてオイルを抜いてからまた閉めて、上からオイルを入れるだけです。
今回はそこそこの、所謂「激安」ではないオイルを買ってみました。JB23の場合オイル交換の際には2.8L、エレメント交換も行うと3.0L必要となります。種別はマニュアル通り5W-30。
オイルドレンパッキンは金属ガスケットのようなものですね。真空装置のフランジ等でよく見るアレです。(フランジ用に比べて作りはだいぶ雑ですが…)
今回はMonotaROのプライベートブランドを購入。20個入りなのでしばらくは買わなくて良いでしょう。当然ですが毎回交換します。


あとはオイルドレンボルトを緩めるための17mmのレンチと、絞め込む際のトルクレンチが必要です。ちなみにJB23の締付けトルクは500kgf・mとのこと。実は今回最大450kgf・mのトルクレンチしかなくて、それで締めてますが…。


他にはオイル排気用の吸収材や手袋等があれば作業がしやすいかと思います。

JB23のオイル交換手順
運転席の右下に有るレバーを引くとボンネットが開きます
黒いキャップがオイルフィラーキャップ


1. 1~2分アイドリングしてからボンネットを開けてオイルフィラーキャップを緩める


2. 車体の下に潜ってオイルドレンボルトをゆっくりと緩める


3. 最後はボルトを手で外し、流れ出るオイルを適当に受ける






4. オイル出尽くすの待つ間、オイルドレンボルトを綺麗に拭いてパッキンを交換


5. オイルが出なくなったらオイルパンのボルト穴周辺を綺麗に拭き、オイルドレンボルトを適正トルクで絞め込む


6. オイルフィラーキャップを外してオイルを入れ、レベルゲージでちょくちょく確認しながら適量に調整


7. 少しアイドリングし、オイル漏れが無いかどうか確認、レベルゲージをチェックして問題なければ終了


という手順です。やってることは単純で、慣れれば15分もあれば出来るかと思います。
特にジムニーは地上高があるのでジャッキアップしなくても車体の下に潜って作業可能で楽ちんでした。

まとめ
オイル交換、非常に簡単です。
初めての車、初めてのオイル交換でしたが、特に問題もなく終えることが出来ました。
オイル交換といえばメンテンナンスの基本の基本、割と軽視されがちだったりもしますが、ジムニーはブンブンエンジンを回して乗る車ですし、長く付き合っていきたいのでこれからはこまめに交換していこうかと思います。
まぁ予算の都合で次からはワケ分からない1400円/3Lのオイルとかになりますけどね…。

2 件のコメント:

  1. 自分でできる整備はやってみると楽しいですね!
    万全を期すならば、車体の下に入る際はラックをかませることと、
    1) オイルフィラーキャップをゆるめる
    2) オイルドレインプラグを開ける
    の順番がいいです。

    返信削除
    返信
    1. 楽しいですね!近々走行1000kmに達するので次はエレメント交換もやってみようと思います。

      実はこれジャッキアップしていなくて、ムリムリ車体下に潜ってやっているんですよね(笑)
      ただガレージジャッキと馬は早く欲しいなぁと思っています…。ただお金が…。

      削除