オタク趣味&アウトドア

Pages

2020/08/12

【釣行メモ】野洲川 三雲釣具前 鮎友釣り

県内河川を開拓

いつも九頭竜ばかりでは面白くない、ということで県内河川の一つである野洲川で鮎釣りしてきました。
釣果は悲しい感じ。でも身近な河川で意外なほどコンディションの良い鮎が釣れていい発見になりました。


中郡橋の上下が有名ですが、今回は三雲釣具さんの目の前で。


右の方のテトラ下が水深もあり良さげ。
あとは下流側にチャラ瀬が広がっています。


下流側から見ると結構フラットな感じ……。
いつも九頭竜で釣りしていると正直ちょっと物足りない感じ。
ポイントが少ない感じで苦労したものの、水深の無い場所でいきなり掛かったりもしたので慣れ次第でしょうか。


今回やりそこねてしまった橋の上手側。こちらもちょっとした瀬になっていて楽しそう。

しかしとにかく水温が高く、水量も控えめなので盛夏の時期は苦労しそう。
ウェットのタイツを履いて川に入っても全く涼しくないのは衝撃でしたな……。
おとりがすぐに弱ってしまうのでいつも以上に引くのに気を使います。


それでも釣れる鮎はどれもそこそこサイズ。
たまたま良いタイミングだったのか、プリプリに太っていてコンディションも良好です。
こんな良い鮎が釣れるならマメに通っておきたいですね。

いろんな川で竿を出すとポイントや掛かり方に違いがあって面白いものです。
まだ2年目で数えるほどしか川を知りませんが、あちこち行って経験積みましょう。
Share:

【釣行メモ】2020年8月10日 勝山 鮎友釣り

祝!梅雨明け

梅雨、明けましたね。
今年の6月7月はあまりにも雨続きで鮎釣りできず、危うくうつ病になるかと思いました。

すっかり夏らしくなった九頭竜川、お馴染みの勝山漁協での釣行です。


のんびり10時スタート

勝山は掛かり始め遅いので、朝はのんびり6時頃出発。
ダラダラ走って釣り始めは10時くらいです。

だいたいいつものパターンだと10時11時くらいから昼過ぎ14時くらいまでがゴールデンタイム。

朝イチから始めている人が諦めてポイント移動し始めたあとが狙い目ですね。


タックル
ロッド:シマノ スペシャル小太刀FW 8m
水中糸:北越 メタビート0.06号
掛針:一角7号、Dio、セツナ7.5号
その他:下付け糸なしのハナカン周り直結45cm、フロロ0.6号



梅雨明け間もないので少し痩せているかと心配していましたが、プリプリの良い鮎が掛かります。
入れ掛かりまではいかなくても飽きない程度にはポツポツと。



結構な率で良型が掛かるので気が抜けません。
特に小太刀のFWでやってるので、下手打って流れに乗られると苦労します。
しかし22~23cmくらいの掛かり鮎をボンボン抜けるあたりは流石小太刀ですね。短竿とあなどることなかれ。

川の状況

晴天が続いて渇水気味。
一時期の増水と比べるとびっくりするほど水が減っています。
流心の水深ある部分を広く引いてやる気のあるやつを拾うのが好感触でした。

大型は流心より、中型は少し緩い場所でかかったように思います。
意外なほど浅いところでも掛かるので、初めはヘチから丁寧に狙うと数が伸びるかもしれません。

盛期に期待

これからますます盛り上がる夏の勝山。
今年は年券も買ったので満喫しようと思います。やっぱり夏は涼しい鮎釣りですねぇ。

Share:

2020/08/05

鮎仕掛け用の編み付け器を自作

無いなら作る

梅雨も明けた今日このごろ、皆さんいかがお過ごしですか。

お日様が出て気温が上がると釣りたくなるのが鮎。
まぁ雨降ってても釣りたくなるんですが。

今日は鮎の仕掛けを自作する時に必須とも言える編み付け器のお話です。



これですね。
どう見ても「直接材料費は1500円でーす」みたいな顔して7000円くらいします。
1本20万円超える鮎竿を見慣れた鮎師の人は買うのかな?

当然そんな余裕はないので、自作しましょう。

ちなみに今までは足の指と口を使って気合で糸を張っていましたよ。

用意するもの


材料は全部ホームセンターで揃えましょう。
余談ですが、理工系のオタクの9割はホームセンターが大好きなので、近所のホームセンターの商品配置はだいたい暗記していますよ。

右が組み上げ後、左はバラしたパーツ

基本は鉄製のアングル。そこにボルト・ナットの類を少々。
アングルはストレートタイプとL字タイプを組み合わせたものを2つで1セットとして使います。
使い方、設計によっては更に複雑化してもいいですし、簡素化してもいいですね。要は好みです。

費用は全部合わせても2000円少々だったと思います。やっす~。

なお今回は部屋でテーブルとして使っている銀閣(ヘラ台)にセットして使うので、ベースになるのは銀閣用のL字金具です。

構造はかなりシンプル

ボルト類は今回M5で統一。
ゴムワッシャーを見つけたのは幸運でした。(そのまま使えて楽なので)
なかったらゴムシートを切って作りましょう。

鮎用の細ラインはデリケートですから、金属ワッシャーよりもゴムワッシャーの径を大きくしたり、なるべく金属とラインが触れないようにする工夫は必要でしょう。

組み立て超簡単


材料さえ買ってしまえば8割がた終了です。
アングルをボルトで組んでいくだけなので、組み立て作業は一瞬で終わります。

ラインをゴムで挟むだけ

肝心要のライン保持部はこんな感じ。
実際に何度か使用しましたが、改善の余地はありです。

このまま使うとゴムワッシャーがボルトと共回りするのでラインをまっすぐ張るのに多少苦労します。そこまで問題ではありませんけどね。

ヘラ台の無限の可能性を感じさせる絵だ

ヘラ台にセットするとこんな状態。
使っているのはスーパー銀閣スリム。作業机としては手頃なサイズです。

側面のオプション用金具受けに差し込むだけなので、若干のガタツキはあるものの十分許容範囲です。
むしろ簡単に取り外しが出来るので、連泊する鮎釣り釣行の際に持っていけば現地で仕掛けの補修も可能になります。

ミニ銀閣と組み合わせると超コンパクトで良さそうですね。(この編み付け器、ミニ銀閣の中にも収納できますから)

効率も品質も爆上がりだ

ハナカン周り、複合メタルへの編み付けが非常に快適になりました。
やはり治工具の類は完成度よりも「とりあえず、あって使える」というのが何よりも大切ですね。

安くて簡単、バージョンアップも自由に出来る自作編み付け器。
自作シリーズの中ではかなり実用性高い部類なので、鮎釣り師の皆さんぜひ一度どうぞ。
Share:

2020/07/26

滋賀県犬上川で鮎の友釣り

小鮎釣りで有名


滋賀県の犬上川と言えば地元では小鮎釣りのポイントとして有名。
しかし実は上流域で友釣りも出来るとのことで、遊びに行って来ました。

意外な良型が連発したよ

なお入漁券、おとり鮎の購入は犬上の「いわな屋」さんで可能です。
イワナの刺し身や押し寿司、カシワの炊いたのとかお惣菜も色々売っていて良いお店でした。



入川ポイントは少ない


川に入れるポイントはあまり多くないようで、「合流」と呼ばれる2つの川の合流部の上下くらいのようです。



上流側の二股合流点

下流側は雰囲気の良い瀬

シモの方はいい感じの瀬になっており、パッと見は1級ポイント。
カミの方は2つの川どちらも出来そうですが、奥の川の方は上に少し木が被さっておりやりにくそう。

という訳で竿抜けに期待してカミの方へ。

エントリー出来る場所こそ少ないのですが、上下にはかなり歩けるので釣り場所はある程度広いです。

予想外にデカい!楽しい!


型も色も申し分ない

思った以上に反応は渋く、簡単にポンポンとは釣れませんがかかると良いサイズ。
20cmを超える型が段々瀬で掛かるので、水が増えていたのも相まってよく引きました。

周囲に気が茂っているのと川が小さいのもあって、小太刀くらいの短竿がとても使いやすい。

瀬尻の泡の中や流心である程度深さのある部分が好反応でした。

一方でシモの瀬に入ったチームは全然ダメとのことで。
関係あるかどうかはわかりませんが、手前の白く濁った川の水が恐ろしく冷たかったので、
合流部よりカミの方じゃないと釣れなかったのかも。

手前の白濁りはイマイチ……

九頭竜や長良という有名河川ばかり行ってましたが、
こういう地域の小河川も楽しめて勉強になることがよくわかりました。
Share:

2020/07/11

オシアジガーの替えスプール導入

困ったらカネで解決


中深海の釣りを始めてからというもの、異常な頻度でリールの糸を巻き替えます。

「今週末は中深海でPE1.2号を1200m」
「次の週末は近海ジギングでPE1.5号300m」
「月末はキハダ狙って4号300m」
「次の中深海あるから1.2号1200mに戻す……」

という具合。
特にクセモノなのが、深海釣りの細糸長巻き。

リールからのライン回収には電動のドライバーを使用していますが、
それでも非常に時間がかかる上に、巻取り時にうまくラインテンションをかけないと次に巻くときにラインが食い込んでトラブルの元になります。

それにリールへの巻取りは手巻きにせざるを得ないので、非常にシンドい。
ジガー2000番へ1200m、オシコン300番へ600m巻いたら一晩で1800mですよ。死んじゃう。

パッケージは超シンプルだ

という訳で、お金で解決。
オシアジガー2001の替えスプール。

交換簡単


ジギング用の最高級ラインをぶっこむ

という訳で、巻き替えるのが超絶めんどくさい1.5号1100mをスプールごと外してしまいます。
これを巻き替えなくていい。それだけで魂が救われます。

レンチ以外に工具がいらないのは親切設計

使うのは2mmの六角レンチだけ。簡単。
側面のボルト5本を外せばフレームとギア部が別れます。


スプールを引っこ抜いて、空スプールを入れれば終わり。
作業自体は超簡単なので、やろうと思えば船の上でもできそう。

絶対なくすで、これ

ただ、ボルトが小さい上にワッシャーも入っているのでメッチャ無くしそう。
やはり船上での予備にするなら予備リール買った方が良いです。家での交換用にはスプール。

費用対効果高い替えスプール


実売で7000円程度なので、ラインの巻き量多い釣りする人には非常におすすめ。
僕であれば青物用、アカムツ用、アコウダイ用で3スプールくらいあると理想ですね。

ちなみに、右ハンドルと左ハンドルでは型番違うようです。要注意。
HGとPGでも別れているようですが、なんか変わるのかな?

リールもフックも金具も、管理が大切

巻きかえ後、マスキングテープに号数書いてリールフットに貼ってます。
これをやらないと何号が何m巻いてあるか全然分かんなくなる。
特に中深海で100m高切れしたの忘れてたりすると面倒なので、必須です。


Share:

2020/07/05

そうだ マグロ 釣ろう 【準備編】

マグロ釣りしてみたくない?


マグロ、釣ってみたいじゃないですか。
なんと言うかもう、本能的に釣ってみたいですよね。

幸い関西は和歌山県とか三重県とか、日本でも屈指のマグロ釣りフィールドが近場。
車で3時間走ればマグロ釣り天国で船も山程出てるという好立地です。

こりゃーやらないとバチが当たるでしょ。

というわけで準備編いきましょう。

ロッド


そもそも僕のような素人からすると、マグロ釣りのタックルなんて意味不明です。
PE6号?8号?普段0.6号でイカ釣って遊んでるんですけど?みたいな。

これまた幸運なことに、偶然仲良くなったマグロに詳しいおじさんに色々質問して教えてもらいました。


という訳で竿はこれ。
キャスティングとジギングそれぞれ1タックルずつです。

・カーペンター ブルーチェイサー 83/30
・シマノ オシアジガーインフィニティ 5番

カーペンターの竿はマグロおじさんに譲ってもらったもの。
あとになって知りましたが、中古相場がエグい。

オシアジガーは中深海用に買ったもの。型落ちで安かった。
志摩の船長いわく、ジグは200~300gくらいということなので硬めのロッドで早巻きもできるように……というイメージ(適当)。

リール



キャスティング用にはこれしかないでしょう。

・シマノ 19ステラSW 14000XG

ちょうど国から10万円のステラ購入費用が出たので即買い。
14000番と18000番で最後まで悩みましたが、18000番は重くて一日振れる気がしないので見送り。必要なら買い足そう。

ちなみにAmazonが意外と安いです。
釣具屋は実売で10万円超えてきますが、安定して9.5万円くらいですね。


ジギング用はおなじみのこれ。

・シマノ 17オシアジガー 2001NRHG

信頼と安心のオシアジガー。ステラの半額以下って考えるとめっちゃ安い。
ちなみに深海ジギング用に1.5号が1100m巻いてあるので一旦回収して巻き直さないといけない……。
賢い大人は替えスプールを買いましょう。



ライン類


キハダはチャンスが少なそうなので、ラインもなるべく良いものを揃えたい。
とは言っても今までラインブレイクした経験ってほとんどないんですよね。針ハズレはあれど。


イカれた価格帯の超高級PEライン。

・バリバス アバニ キャスティングPE Si-X 6号 300m
・バリバス アバニ ジギングマックスパワーPE 4号 600m

キャスティング用には6号300mで14000番にピッタリサイズ。
8号200mでも良いらしいけど、素人が200mでマグロと対決とか怖くてできまへーん。
ちなみに船長のオススメは18000番か20000番に8号300mらしい。船べりまで来てからのやり取りには高ドラグが必要=8号良いよねという理論だそうで。

一方のジギング用は3号400mもしくは4号300mで迷いどころ。
今回は4号を600m買って半分巻いて、残りを予備ラインにする作戦です。

リーダーはナイロンリーダーを注文中。
個人的に好きなよつあみのDMV。



ルアー類



虎の子としてキャスティングルアーの王様カーペンターが1つ。
γ90 スーパーL
何が良いのかは良く分からないけどマグロおじさんセレクト。

あとはCB-ONEのロデオ、ゾロ、ドリフター。
カーペンターのプレミア相場を見てしまうとCB-ONEが非常に手頃な気がしてきます。洗脳って怖いですね。


ジグは近海ジギング用の200g前後~中深海用300g前後までを気分でセレクト。
船長いわく「信じてしゃくり続けられるものを持ってきて」とのこと。
「しゃくるのやめたら釣れないからね」そりゃそうだ。

次回 実釣編


という訳でだいたいの道具が揃いました。
金具とかフックとか、細かいものはまた気が向いたら追記します。

この記事が僕のようなメタクソ素人マグロアングラーの参考になれば幸いです。
Share:

2020/07/02

明石でタコ爆釣 オフショアタコ釣り

初のオフショアタコ釣り


先日会社の異常な釣り好き集団に誘われて、明石でタコ釣りにチャレンジしてきました。
タコ釣り専門の船がたくさん出ているようで、平日にも関わらずすごい人出でしたよ。みんなちゃんと働いて。

明石の高級マダコがターゲット

使うのはタコエギ、タコスッテ、基本的にイカ釣りの仕掛けと似ていますな。
根がかり防止+タコを引き剥がすためか、カンナが上向きかつ太めです。

やっすい奴でOK(1個300円くらい)

当日のタックルは下記の通り。
ちなみにオモリは50号で通しました。

ロッド:テンリュウ ホライゾン SL MH
リール:シマノ オシアコンクエスト 301HG
ライン:PE 3号?3.5号?巻けるだけ
リーダー:フロロカーボン 8号

リーダーがちと細くてアンバランスですが、なんとかなりました。

浜栄丸さん、船がオシャレで超キレイ

釣り方


スッテやエギは2個付けが基本らしいですね。
とにかくアピール力重視で、タコベイトとか色々つけている人もおりました。


当日行ったのは水深8~12mの浅場。タコツボを入れている漁場とのこと。

狙うのはとにかくボトムです。
船長いわく「そこからオモリ5cm浮かせて誘え」

ボトムつけて糸ふけをパンパンと弾くような感じで誘うのが好感触。
オモリを持ち上げてシェイクしようとすると、どうしてもボトムを離れてしまい、イマイチでした。

釣れたら頭掴んでネットにIN

アタリは

・オモリがそこを打つ感覚、糸を弾いたときの感覚が変わる
・竿先に重みが乗る

という微妙な感じで表れます。
根がかりしかけ……みたいな感じですね。
恐らく人間が感じている以上にタコは触っているので、違和感は即合わせした方が良いです。ヘラブナと一緒。

ただ実際あわせてみたらタダの根がかり……というパターンも多いので余計なスリルはあります。

アタリを感じたら大きくフッキング入れてからゴリ巻き。
根に入られたり周りに絡まれるとそう簡単には浮かないので、速攻勝負ですわ。

船長は「真下に落とせば釣れるよ」と言っていましたが、
やってみた感じだと少しキャストして広い範囲を叩くのが効率良さそうでした。

基本的に居たら乗ってくるようなので、打つ場所は常に変えたほうが良いですね。
ただし斜めに引けば根がかり率はグッと上がるのでハイリスクハイリターンです。

ベイトは甲殻類、貝類

釣果発表


朝一番はタコツボ場から少し離れた場所でやって貧果。
最初の1時間くらいは僕だけ何も釣れなくて非常に焦りました。久々に嫌な汗かいた。

後半はタコツボ場に入ってプチラッシュ。

ガバーっと上から覆いかぶさるパターンが多い

サイズにはばらつきありますが、イイダコに毛が生えたような小型から3kg近い大型まで飛び出しました。
大型は周りの人が釣っていただけなんですが、もうオバケみたいなサイズですね。

もう要らんでしょ……

結局釣れすぎで20分ほど早上がり。12時前に納竿となりました。
最終釣果はおよそ30杯少々、重さで言うと10kg以上?

久々にコンビニで氷買い足したよ

甘く見て小型のクーラーボックス持っていったらタコでパンパンになってしまいました。
ちなみにこれ、少ない方。

正直後半は「こんなに釣ってどうすんの~絶滅しちゃうよ~帰ろうよ~」という心境でしたね。

初のタコ釣り、思った以上に釣果が伸びて良かったです。
ただやはり根がかりは多くて、結局エギとスッテを4セット8個くらい失いました。

それでも船代が7000円と超絶手頃なのも相まって、珍しく「元が取れた」感のある船釣りでした。

釣って楽しい食べて美味しい



釣ったタコは塩で揉み倒して唐揚げに。超激ウマ。もう海外タコ食えませんわ。
刺し身をゴマ油と塩で食べるのもおすすめです。

数釣りの楽しさと食べる美味しさ、手頃な値段と近いポイント。
タコ釣りというとマイナーな感もありますが、意外と船釣り初心者の人におすすめかも知れませんね。
Share:

2020/06/14

ライトへらぶな ヘラ台編

軽く・小さく


最近のマイブーム、へらぶなと鮎です。淡水最高。

しかしへらぶな釣りの道具ってどうしてああも多いんでしょう?
巨大なヘラバッグとロッドケース、10kgくらいあるヘラ台……。

もっとこう、パッと簡単に軽くシンプルに釣りしたい。そう思ってまずヘラ台を買ってみました。

出社前にも余裕の釣行が楽しめる

現DAIWA、元snowpeakの銀閣シリーズからミニ銀閣IIです。
「王座」がベントレーなら「銀閣」はロールスロイス。
泣く子も黙るヘラ台界の最高級品の一角というわけです。

今回購入したのはミニ銀閣II(クリップ式)。
シリーズの中でも最もコンパクトなモデルですね。

この銀閣シリーズ、ラインナップが異常に豊富で良いのですが所見では全く違いが分からない。
簡単に並べると

・ウルトラ銀閣&デルタ銀閣 : 最大サイズ、超デカくて超重い。
・スーパー銀閣 : あぐらをかいて座ると丁度いいサイズ。長時間跨ぐと股関節が壊れる。
・スーパー銀閣スリム : ギリあぐらかけるサイズ。跨いで座ってもOK。
・ミニ銀閣 : シリーズ最少モデル、横折り設計で四角くて小さい仕舞い寸。
・ミニ銀閣II : 高さ調整しやすいクリップ式、縦折り設計で車に積みやすい。
・ミニ銀閣III : ミニ銀閣IIより長い足が付属する。
・ミニ銀閣5 : 小物入れとかパラソル立てとかオプション多い。

デルタ、ウルトラ、スーパーは縦方向が750mmフルサイズ。
ミニ銀閣シリーズは縦700mmになるのでフルサイズ用のサイドテーブルは使えません。
オプションパーツを最大限使いたいならスーパー以上を選ぶ必要がありますね。

一方でコンパクトなヘラ釣り、を目指す上で候補になるのはスーパースリムかミニ。
銀閣は超高級品(スーパー以上で2万円超え)なので、中古の良いものを探した結果ミニ銀閣IIに落ち着きました。

前足をフルに伸ばして立ち込む

座面サイズは大人が跨いだ状態で餌ボウルを1つ置いたらいっぱいいっぱいという感じ。
それでもしっかり足は伸びますし、たまたまステップも付いていたので野釣りスペシャルとして気に入っています。

確かに重くてデカいが、安定感は圧倒的

これまで借りて使っていたスーパー銀閣と比べると狭いのは否めませんが、
ライト&ファストの釣りを目指すなら文句ありません。
折りたたまずにジムニーのリアに積めるのは便利。

小さくても作りはしっかりしているので、ヘラ台としてだけではなくキャンプ用テーブルや車の荷台の多段化にも使えました。(ジムニーの荷台が2段になるのは地味に超便利)


最近はこのヘラ台+エサその他のバッカン+釣具リュック+竿1本だけで釣りしています。
車から全て持って釣り場に行けるので、短時間の釣行でも実釣時間を確保できて快適ですよ。
Share:

安曇川廣瀬 2020鮎友釣り解禁

熱い夏がやってきた


待ちに待った鮎の友釣りシーズンが解禁になり始めましたね。
我らが廣瀬漁協も先日6/6に解禁、初日2日目は混みそうだったので6/8に行ってきました。


今年も頑張って釣りましょう。
とりあえずの目標は川読みが出来るようになることです。

ド早朝からの現地入り


普通鮎釣りってかかり始めが9時10時くらいなんで、あんまり血眼で朝マヅメ狙ったりしません。
が、解禁直後は別。全国津々浦々から鮎釣りに脳をやられた廃人が集まりますから、異常な早朝から場所取りが必要です。

鮎釣りで朝日なんて普通見ないぞ

というわけで我々も5時には現地着、なんと前日に師匠が先行しておとり鮎を確保しておくという手際の良さ。

ダメ元でポイントを探り始めますが、やっぱりあまりかからない。
組合長も「朝イチは釣れんでぇ!」と断言する始末。

新兵器の鮎ダモ最高

追い星きらめく今年1尾目!

それでもポツポツとかかって9時位までに数匹の野鮎をゲット。
これくらい居ると循環が途切れても控え選手が使えるので安心感がありますよね。

しかし他の場所は釣れていないのか、9時10時頃にはよそから多くの鮎師が……。
しかも挨拶もなしに目の前のポイントに入り込む始末。
釣れなくて追い詰められているとはいえ人間の尊厳は大切にしたいですねぇ。

プチ・入れがかり


そのうち良い流れを見つけてプチ入れがかりに。
ほぼ1流し1ヒット(数バラシ)で数を稼ぎます。

油断してると良型がかかる

引き釣りで少し下の方からゆっくりをおとりを入れていくとあるポイントで気持ちよくかかる。
そんな至福の時間をちょちょいと楽しんで、午前中で30匹弱。

周りの状況を見る限り上出来でしょう。渇水で泳がせ組は苦戦しているようでした。

午後は流して


少し遅めにお昼ごはんを食べて、僕は2回戦。師匠は昼寝。

少し痩せてるけどよく走る

やはり同じポイント、同じ流し方でよくかかります。
午前中よりはペースダウンしましたが、16時まで2時間ほどで10匹少々。

この写真が撮りたかった

気持ちのいい背掛かりでフィニッシュ。
この日は鮎のサイズが小ぶりということもあってひたすら引き抜きの練習をしていました。
しかし難しいですね。これまで大型の鮎をたぐり寄せる取り込みしかしたことないので、苦戦も苦戦。

空中分解も何度もあり、悔しい思いもしました。修行修行。

俺たちの夏はまだこれから


さて、めでたく始まった鮎シーズン。
今年もたくさん釣ってたくさん勉強しましょう。

タモにタビにベストに竿と、とんでもない投資をしてしまったのでその分遊ばないと損なのです。
ガンガン有休取ってバンバン遊びましょう。

小太刀(旧モデル)の初戦でした

午後の釣果、午前はこの倍以上
Share: