Pages

京丹後でカヤックに入魂

2018/06/27
初夏の海でカヤックフィッシング
梅雨らしい梅雨も無いままいつの間にかメチャ暑くなってきた最近、日頃の残業の鬱憤を晴らすべくお馴染みの京丹後の地磯まで行ってきました。
ただ今回は陸っぱりではなく、カヤックを使ったカヤックフィッシング&カヤック地磯エントリーです。

以前ご紹介したように、この地磯は歩いて10分ちょっと程度、山道を登って降りるので夏の暑い時期は正直シンドイ。
そこでカヤックに荷物を積み込んで近くの漁港脇の浜辺から出船。海側から地磯に上陸してみました。

(参考:京丹後で初の地磯デビュー

風も穏やかで凪だった事もあって10分ほどで地磯に到着。時間こそ徒歩と変わりませんが圧倒的に楽ちんです。流石海運。
徒歩でエントリーする会社の友人を待つ間に陸っぱり用のショアジギロッドで軽くジグを投げて待つことに。
様子見がてら適当にジグを投げるつもりが、なんと一投目からヒット。

アタリは明確だったものの、あまり抵抗もなくゴリゴリと巻いて上がってきたのは30cm少々のアコウ。(キジハタ)
陸っぱりなら結構な良型ですが、青物を釣りたくて揃えたタックル(コルトスナイパーS1006HにPE2号)だったので全くファイト感は無く……。
しかし食べて美味しい魚なのは間違いないのでちゃっちゃとストリンガーに繋いでキープ。幸先の良いスタートです。

そして早速酔う
この日は波こそなかったものの、沖からのうねりが若干ありカヤックはゆっくりと上下にゆらゆら……。
当日午前1時から運転していたので速攻で気持ち悪くなってきました。(アネロンを飲み忘れる痛恨のミスも重なる)

しかしここでカヤックの自由さを存分に発揮。ちょっと磯に戻ってちゃちゃっと上陸。少し横になって寝ているとすぐに回復してきました。
仕立ての船釣りだと当然「ちょっと酔ったから港に戻ってくれ」なんて言えるはずもなく、ただただ揺れる船の上で耐えるしかありませんが、カヤックは良くも悪くも個人戦。好きなタイミングで出たり戻ったりできる自由さは大きな魅力です。

休んで調子も良くなったので再度出船。
数百mほど沖に出て新しく導入したライトジギングタックルでタイラバを試してみることに。

着底してすぐに鋭いアタリ、結構な竿のしなりと小刻みな引きで上がってきたのは40cmを超える良型のホウボウ。
ショアジギで釣れることもありますが、ここまで良いサイズは初めて。ほんの数百mですが、やはり陸から離れて水深のある場所を攻めれるというのは大きなメリットですね。

その後もプカプカと浮きながらタイラバでホウボウを追加。
風が出たり気持ち悪くなったら磯に戻ってショアジギしたり休んだり。

とにかく自由なカヤック釣り

お昼も過ぎ、あまりアタリも無くなってきたのでこの日は納竿。
結局朝方にパラパラっと釣れただけであまり大漁という感じではありませんでした。が、カヤック釣りの楽しさを存分に満喫。
カヤック釣りの魅力は兎にも角にも「自由」の一言に尽きます。好きな時に船を出して好きなところで釣りをして好きな時に戻る。
まぁボート釣りでも同じことは出来ちゃうんですけど、手漕ぎは手漕ぎで楽しいと思います。

帰りがけに地磯を海上から撮影。
こうしてみると大した傾斜では無いですね。歩いてみると壁としか思えないのですが。

漁港近くは水深も浅く、凄まじい透明度と相まってサイトで根魚が狙えそうなレベル。箱メガネなんか付けてワーム釣りしたら楽しそうですね。

結局この日の釣果はアコウ1尾とホウボウ2尾。いずれも良型で大満足。


家に帰ったら早速アコウとホウボウをお刺身に。アコウの皮は湯引いてネギポン酢で。
どちらも白身であっさりとして美味しいです。アコウの方がムチムチとして刺身は上かも。ホウボウは鍋物にすると美味そうですね。
アコウの皮はまさしく絶品。湯引きすると半透明のゼラチン質がプリップリになってポン酢と良く合います。何で今までやらなかったんだと後悔すらしました。

地味に狙っていたマゴチが釣れなかったり、青物が釣れなかったりといくつか課題も残っているので、京丹後、しばらくは通うことになりそうです。
カヤックの艤装なんかももうちょっと工夫できる部分がありそうなので、また紹介できればと思います。
Read more ...

feel free MOKEN 10 Angler を買ってみた

2018/06/12
カヤックこぎこぎ琵琶湖へ繰り出す
近年大流行りのカヤックフィッシング。
僕も定時退社日に延々YouTube見つつ欲しい欲しいと思っておりました。
そんな折、なんと会社がボーナスをくれると言うではありませんか。これ幸いと早速クルマを走らせ「琵琶湖カヌーセンター」に行ってまいりました。
カヤックだけに、これぞまさしく渡りに船というやつです。


買ってしまった。

お店で「釣りに使いたい」という旨を伝えてオススメしてもらったのがこちら。
Feel Free社のMOKEN 10 Anglerです。名前からして釣り向きという感じ。
ちなみに船体の幅が広くて安定性が極めて高いのが特徴だそうな。ただその分ツーリングカヤック等に比べてスピードは出ないとか。
(おばあちゃん曰く「カヌーツアーに参加しても追いつけない」とのこと)


とりあえず居ても立っても居られずに琵琶湖に向かい適当な砂浜から漕ぎ出してみました。
今までフェリーや釣り船には乗ったことがありますが、これはまた違った乗り物ですね。
自分の力で水の上を進むというのが初めての経験なので非常におっかなびっくりですが、それでも楽しい。

ちなみにパドルはアクアマリンのムスタングとかいうやつ。CFRPとGFRPで値段が1万円違ったので迷わず安い方買いました。
正直持った感じ重さの違いがよく分からなかった……。

シャフトはベントというくねくね曲がったやつ。長時間漕ぐ時など手首が楽だそうな。
カヤックのおまけで安いストレートのパドルも貰ったので両方試して違いを見てみようと思います。


正直6割くらいはこの綺麗な赤色で選んだ。
モンベルのパドルも少し使ってみましたが、ブレード?の部分が広くてよく進むのでこれはこれで楽しかった。
ただ慣れないうちにガンガン漕ぐと身体がバキバキになってしまいそうです。


最初は怖がりつつも、慣れてくると100m200m平気で岸から漕ぎ出していて驚きました。
楽しい乗り物ですけど、ちゃんと勉強して安全に遊べるようにだけはしないとダメですね。
幸いにも琵琶湖はマリンスポーツのメッカのような場所なので、スクールの類も色々とあるみたいです。まずはその辺から慣れていきましょう。

しかしただでさえ楽しいこの乗り物。釣り用の装備やらなにやらを追加する場所やアイディアは山ほどありますし、自分で色々手を入れる場所も多そうです。これは相当に楽しいオモチャになるかも知れませんよ。
Read more ...

愛車ジムニーに謎の中華キャリアをボルトオン

2018/06/10
必要なのは強度と見た目

ジムニーを買ったときから付けたいと思っていたルーフキャリアを、ついに、取り付けました。
おとなしく純正品か何かにしておけば良いものを、ヤフオク等々で出回っている謎の中華製アルミキャリアを購入。

純正ルーフレールにキャリアを載せてしまうとどうしても高さが出てしまうので、今回は直接ボディに取り付けるタイプを選んでみました。
ただでさえ高い重心を少しでも抑えつつ、荷物も載せやすく、そしてカッコいいからです!
(と言うか、そもそも僕のジムニーは最低グレードのJB23W XGなのでルーフレールは付いていません……。)

実は名のあるメーカーから出ているキャリアはほとんどルーフレールを介して車体に取り付けるタイプなんです。何故かは後々お話しましょう。それでは取り付けの手順をざっくりとご紹介。

必要なのは工具と腕力

まずはリアシートのシートベルトを取り外します。
おや、すでに何だか話がおかしくなってきましたね。ルーフキャリアを付けるだけなんですが、なぜシートベルトを外すのでしょうか……。


続いてリアピラーの内張りをバリバリと剥がします。パワーさえあれば外れます。
忘れていましたがリアの天井に付いているグリップも取り外します。プラスドライバーの#3で簡単に外れますよ。
ついでに天井に付いている内張り固定のプラビス的なものを引っこ抜いておきましょう。専用の工具があると便利です。


そうすると天井部分の内張りがバゴっと外れます。
同様にシートベルトの取り外しとグリップの取り外し、ピラーの引っ剥がしをフロント側でも行うといよいよ天井の内張りがすっかり消え去ります。
さてどんどん話が分からなくなっていきますが、ここからやっとキャリアの取付作業に入りますよ!

必要なのはトルクと度胸

事前にキャリアを乗っけておよその位置決めをしておきましょう。
見た感じすごくカッコいいです。恐ろしく太いアルミパイプを溶接して作っただけのキャリアなので全体が歪んでいます。
ボディの曲線に合わずに足が浮いてしまっている部分は適当に目をつぶりましょう。
取り付け位置が決まったらセンターポンチでプチっと位置決めのマーキングを行います。続いていよいよキャリア取り付けの見せ場です。


ドリルで天井に6.3mmの穴をブチ開けます。
足1つにつき2つ、計8穴です。パワーのある充電式のドリルドライバなどがあると便利ですね。ちなみにボルトサイズはM6なのでおよそドリル系は6.3mmにしました。もう少し大きくても良いかも。雨漏りしそうですけど。

お気づきの方も居るでしょうが、「ルーフレールなし車にボディ直付けキャリアを取り付ける=ボディに穴を開けてボルト止め」です。
シンプルイズベスト。これ以上分かりやすいキャリア取り付け方法はありません。現にキャリアの箱には説明書の1枚すら入っていませんでしたよ。
世の中広しと言えど、新車で買った愛車の天井にドリルで穴を開けたい人なんてそうそう居るものではありません。普通はディーラーでルーフレールを付けてもらってそこにお行儀よくTHULEあたりのキャリアをボルトオンするものですよね。

ただ僕はルーフレール付きのジムニーもTHULEのキャリアも買えなかったので中華製キャリアをボルトオンしてみた次第です。
(と言いつつも、実はこのキャリア35000円ほどするので別に安い訳ではない……)


穴あけが終わったらキャリアを載せ、コメリで買ってきたよく分からないステンレスのM6ボルトでガンガン固定。そしてこれまたコメリで買ってきたシリコーンコーキングをこれでもかと打ちまくります。
CX-8とかCHRに乗っているスーパーおしゃれSUVマンが見たら吐きそうな絵面ですが、とりあえず天井にキャリアが付けばよかったので問題なし。あとは雨漏りさえしなければ……それさえ無ければ……。

この調子でこのオモチャを遊び倒そう

取付後にひとしきり乗ったり揺すったり色々してみました。強度は十分。流石極太のアルミパイプで作られているだけあります。
難点は全体的な作りの雑さですが、それもまぁ許容範囲内。塗装は割りかししっかりしていますから、取付時の歪みさえある程度許容できれば良い買い物だと思います。

このクルマ、せっかくの1/1オモチャなんですから、どんどん遊び尽くしてやりましょう。
Read more ...

釣って食べようノッコミ真鯛~鯛めしと和風ムニエル

2018/06/05
釣りの後はひたすら魚を食す
ここのところ釣りと料理の話しかしていないような気がします。ダウンヒルシーズン開幕とは何だったのか。

ありがたいことにここのところは筏や船などかなりの確率で釣れる貴族の遊びしかしていないので、陸っぱりオンリーの時代は考えられなかったほど魚を食べてます。というワケで今回も料理の話です。
(参考:船釣りリベンジ


熟成した鯛をどう使うか
先日船釣りで散々釣ったチダイ(真鯛の小さいやつ)を順調に食べ進めるものの、魚なんてそもそも日にそう何匹も食べるものではありません。
小ぶりとは言え数がそこそこいるので3日ほど経ってもなお2匹ほど残っています。
ここまで来るとなんとなく、こう、お刺身で日本酒をグイッと……というのも若干抵抗ある感じの熟成具合になってくるので今回はちょっと火を通す系の定番料理、鯛めしを作ってみました。

鯛めしと言えば真鯛を使った定番ですが、そのレシピは色々あるようで。
タイを炙るもの、ダシに漬けるもの、まぁ色々です。今回はダシに漬けるタイプをチョイス。


:調味料

・醤油…大さじ1少々
・みりん…大さじ1
・酒…大さじ1
・塩…少々
・粉末ダシ(今回は昆布)…適当

上記と水150ccを混ぜてタイを漬け込みます。30分~1時間位。
タイの骨をどけるのがめんどくさいので中骨も血合い骨も取った切り身の状態で使いました。


浸水を終えた白米の水をよく切ってからタイを漬け込んだダシ汁を全部入れてタイの切り身を適当にのせる。
ついでにチューブしょうがを少々入れておきました。あとは炊くだけです。


炊飯器持ってないので必然的に贅沢土鍋炊き。慣れるとガソリンストーブでも案外炊けます。
まず中火(ガソリンストーブ的には「消えちゃわない?」ってくらいの弱火)で沸騰するまで加熱し、その後は弱火(ガソリンストーブ的には「もう消えるやろ!」ってくらいの弱火)でコトコトと10分弱ほど。時たま蓋を開けて中の水気が飛んでいたらほぼ炊きあがり。最後に中火に戻して30秒ほど加熱するとおこげが出来て美味しいですよ。


できあがり。刻んだシソをのせると彩り良いですね。
あっさりとしつつもタイの身が入って食べごたえもあり最高。


タイを1尾分ダシに漬け込んだらどう見ても鯛めしには多かったので小麦粉をまぶしてムニエル風に焼いてみました。
多めのオリーブ油でカリッと焼くと非常に美味しい。手前のはアジのなめろうハンバーグ。レシピはまたの機会に。

食べる時にはどうせ崩して混ぜてしまうので今回のようにわざわざ半身を使わなくても刺身のあまりなんかで出来ちゃうレシピです。
その割に贅沢感もあって非常にお得感ありますよね。チダイは船釣り定番の魚なので今後は釣行後の鯛めしがお馴染みになりそうです。
Read more ...

船釣りリベンジ

2018/06/03
アネロンを山程飲んで大勝利
以前書いた船釣り初体験。さも釣りをしてきたような事を言いましたが実際は9時間の釣行中、釣りをしたのは1時間くらい、残り8時間は寝ているかゲロを吐いているほど船酔いに苦しんでいました。これがエサ釣りじゃなくて常に面倒を見ないといけないルアー釣りとかだったら終わりですね。
(参考:福井県越前海岸沖で釣り船デビュー

今回また別の場所で船釣りにリベンジする機会があったので、「最強の酔い止め」と名高いアネロンを前日の夜から飲み始めるというこの上ない状態でリベンジをしてきました。結論から言ってしまうと全く酔わなかったのですが、あまりにもベタ凪すぎて薬が効いているのかちゃんと寝たのが良かったのか、そもそも凪で酔いようがなかったのか全く分からない感じになってしました……。

イカを無視してひたすら五目
ポイントは岸からすぐの場所。明るいうちは胴突き仕掛けを使った五目釣りです。ちなみにエサは支給されるオキアミ。
この日は一応五目とイカを狙う予定だったのですが、個人的には電動リールを使ったイカ釣りはあまりにも単調で面白くないのでひたすら五目釣りを続けていました。

開始早々にレンコダイが釣れたりしていい感じ。と思いきやぱったりとアタリすらなくなりました。
前はオモリが底に着いた瞬間にアジが食ってきたりして楽しかったのですが、毎回そうはいかないようです。

夕マヅメまで何度か場所移動を繰り返し、いよいよ夕方というところで久々のヒット。
小ぶりですが前回釣れなかったチカメキントキが釣れました。見るからにウマそうな魚ですね。

夕方で活性が上がったのか立て続けにマダイもヒット。
マダイに限らず釣り上げた瞬間の魚やイカは本当に綺麗な見た目をしています。タイなんかは光の当たり具合で写真の様に青く光って見えたりも。

サイズ的にはスーパーで安く売られているような程度ですが自分で釣ったマダイは喜びひとしお。
これくらいのサイズでも十分お刺身に出来ますから持ち帰って美味しく食べましょう。

この日イチバンの収穫はなんとアジ。
左上に置いてあるタバコの箱みたいなちっちゃいのがスマホです。スマホがちっちゃいと言うかアジがデカい。
ざっと見積もって40cm以上。俗に言うギガアジですね。(帰宅後に測ってみると45cmほどありました)
これくらいのサイズになると流石のアジも青物の風格が漂ってきます。こんなのがオキアミで釣れるんだから船釣りはやめられませんわ……。

ちなみに船長曰く、漁礁に居着いているアジだそうで、その手のアジはこういうサイズになるそうです。船中で数尾上がっていました。
僕が釣った2尾のギガアジはどちらも針丸呑み。時合の活性はかなり高いようですね。なお釣れた棚はボトムべったり。

アジパーティーが終わった後はパッタリとアタリも無くなりチダイを1枚追加したのみ。
イカもあまり芳しくなかったらしく、夕方の時合で1日分の釣果を上げたような格好になりました。時合大事ですね。

最終釣果はギガアジが2尾、キントキ2尾、チダイ5~7尾くらい、カサゴ1尾となりました。(友人と二人での釣果)
爆釣とは言いませんが、普段陸っぱりで寂しい思いをしている釣り人としては大満足の内容。しかもどれを取っても美味しい魚というのが素晴らしい。

朝の四時まで魚を捌いて酒盛り
半夜仕立てなので家に帰り着くのは午前2時位です。そこから魚の処理をして一部はお刺身に。
とりあえずマダイ、カサゴ、キントキ、アジのすべてを半身ずつ使ってみました。


マダイは皮もウマいと聞いたので鱗を落としてさっと炙ってそのまま刺身に。
これだけ種類があるとそれぞれ味も歯ごたえも違って飽きずに楽しめます。何だかんだ一番旨味があったのはアジ。
しかもこのサイズになると半身で皿が半分埋まります。刺身にした見た目も完全に青物のそれ。

キントキやカサゴはどちらも上品な白身でウマいのですが、歯ごたえはカサゴが上。
キントキは少し身が柔らかいので昆布締めみたいな感じで水気を抜いてやると美味しいかも知れません。

まだまだ魚は残っているので刺身以外のメニューも色々試してみようと思います。

おまけ
前回えらい寒い思いをしたので山専ボトルにお湯を詰めて船上でコーヒーを淹れてみました。(インスタントですけど)
船酔いしなければこのくらい余裕を持って釣りを楽しめるのかと痛感。船釣りは睡眠、服薬を万全に、そして波のない日を狙って行きましょう。(一番大事)
Read more ...

釣って食べようカレイ~煮付け

2018/05/30
穴釣りロッドを放置しよう
先日行った筏では基本的にルアーを投げていたのですが、おまけで持っていった穴釣りロッドに適当な針とオモリとイソメを付けて放置していたら小さなカレイが釣れていました。(しかしカレイは種類が多くて同定出来ません…)


放置していた事を責めるかのような丸呑み。
それでも釣れれば嬉しいものです。

初めての煮魚
いつも釣れた魚はだいたい刺身や唐揚げ、なめろうあたりで食べてしまうので、今回はせっかくのカレイということで煮魚にしてみました。そもそもサイズが小さくて5枚におろしても食べるところが少ないですからね……。


内蔵と頭を落として二晩寝かせ(放置し)ました。
飾り包丁を入れて煮汁の準備。今回は酒とみりんと醤油を1:1:1というレシピ。一度煮立たせてから味を見つつ、砂糖を追加していきます。
ちょっとしょっぱかった……。


煮汁をかけたりカレイを裏返したりしながら15分~20分程度煮込んだら完成。
型自体は小さめですが、こうしてみると身が分厚くてなかなか悪くありませんね。

今回は身がホロホロの状態で食べたかったのであまりグツグツ煮るようなことはしませんでした。
その分出来上がってから冷まして一晩置き、味をよく染み込ませておきましょう。

煮魚という強力な技を覚えたので今後は根魚を始め色々と煮付けてみようと思います。
なんとなくめんどくさいイメージのある調理法だったので敬遠していましたが、やってみると案外簡単なので今後は多用するかも知れませんね。
Read more ...

あえて筏で狙うロックフィッシュゲーム

2018/05/28
のっこみチヌがアツい時期
そろそろ初夏と言っても良いような天気が続いていますが、一応まだ5月で釣り業界的には春ののっこみ(産卵期)チヌがホットな話題です。
そこで今回は福井県は日向湖の筏を利用して根魚釣りをしてきました。

だって筏のチヌってかかり釣りの専売特許なんですもの。
(本当はジグやワームでチニングのマネごとをしてみたんですが反応なしでした。)

筏の根魚はブルーオーシャン
筏というのは海、主に若狭湾や三重のリアス式海岸など波の静かな海岸沿いに浮かんだ足場のこと。
だいたいは岸にほど近く、かけ上がりの直上に設置されており餌団子を沈めてタイを狙うかかり釣りやアオリイカ狙いのヤエンで利用されます。

が、実はこの筏、かけ上がりの上に設置されている上に岸からはエントリーしにくいポイントにあることが多く、地味に良い型の根魚などが狙えるポイントでもあるのです。


根魚というと馴染み深いのはガシラ(カサゴ)やアコウ(キジハタ)、北の方だとアブラコ(アイナメ)でしょうか。
どれも成長が遅くて陸っぱりの人気ポイントだとアベレージが12,3cmなどというところもしばしば。
それでも「味噌汁サイズですね!」とか「唐揚げなら食えます!」とか意味不明な理屈を付けて持ち帰られる気の毒な魚種。それが根魚です。

しかし逆に筏釣りの対象魚はマダイ、クロダイ、アオリイカなどで、根魚を本気で狙っている人はあまり見かけません。(気分を変えてちょっと狙うとかその程度)おかげで魚影は濃く、ルアーへの反応も良い場合が多いのです。


使う仕掛けは主にショアジギングのタックルと30~40gのメタルジグを使ったパターンとエギングタックルでワームなどのソフトルアーを使ったパターンの2つ。
メタルジグはスロージギング向けの太短いシルエットのものを大きめにゆっくりとシャクって底を叩くようなアクションで釣れることが多いです。
ワームの方は主にバグアンツ、色は気分次第ですがオレンジ系が反応良いような。たまにシャッド系も使いますがちょっと扱い難しい気がします。
ちなみにワームのリグはよく使うのがテキサスリグ、今回はナス型オモリとオフセットフックを使ったジカリグ的なものを使ってみました。(一枚目のガシラがくわえているのがソレ。組むのが簡単で非常に好印象。テキサスリグはシンカー変えたりフックを替えるたびにリーダーラインが短くなっていくのが不便ですよね。)


筏の周囲にまんべんなくキャストして探るとかなりの確率でアタリがありますし、陸っぱりと比べて型も良いので地味ながら非常に楽しい釣りです。
しかもアタリが分かりやすい根魚系、スコーン!と気持ちよく合わせて(上の写真のような)ガッツリフッキングが出来たときの快感はかなりのものです。しかも持って帰って食べても非常に美味。文句のつけようがありません。

「イカを狙って筏に乗ったけど全く釣れない……」という状態で何時間も過ごすようなことにならないためにも、保険の意味で根魚タックルを持っておくと良いかも知れませんよ。

おまけ

ジグパラのショアスローは安価で使いやすいですよね。リアがシングルフックですが、リアフック皮一枚で魚影が見えた瞬間にバラシ……とかも経験あるのでトレブルフックに替えておいても良いかも。
ワームはなんと言ってもバグアンツが定番中の定番ですよね。個人的に好きなのはこの2色。あとはクリア系とか意外と反応良かったりします。
Read more ...